日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年11月19日水曜日

Twitter:ダイレクトメッセージ利用時に表示されたエラー「Could not authenticate you.」の対処法

イントロダクション

ブラウザ版のTwitterにて、ダイレクトメッセージを送信しようとダイレクトメッセージ画面を開いたところ、ダイレクトメッセージ画面の上部に赤色の背景に白文字で、次のエラーが表示されました。

エラーメッセージ:
Could not authenticate you.

Twitter でダイレクトメッセージ画面を開いた時に表示されたエラーメッセージ
「Could not authenticate you.」


その状態で、ダイレクトメッセージを送るために特定のユーザをクリックして、ダイレクトメッセージの送信画面へ移行しました。

すると、上部に表示されていたエラーメッセージが消えました。

エラーメッセージが消えたので、問題は無いのかなと思い、そのままメッセージを送ったところ、再度上部にエラーメッセージが表示されました。かつ、送信したメッセージは相手に送られることなく、送信メッセージ入力欄から消えました。

エラーメッセージ「Could not authenticate you.」が表示された後に
特定のユーザにダイレクトメッセージを送信した直後
再度エラーメッセージ「Could not authenticate you.」が表示され、
メッセージの送信に失敗し、かつ送信メッセージは入力欄から消えた

この画面では私が2回発言しているが、
これは今回メッセージを送信しようと思った数時間前に送ったものである


その状態で、ブラウザの更新ボタンを押したら、Twitter のログイン画面へ飛びました。

そこで、ログイン情報を入力し、ログインしました。

その後、再度ダイレクトメッセージを送信したところ、エラーメッセージが表示されることなく、今度はちゃんと相手に送信することが出来ました。


原因

さて、エラーメッセージ「Could not authenticate you.」を直訳すると、「ユーザーを認証できませんでした。」となります。

そのため、現在操作しているユーザを Twitter 側が認証していないため、ダイレクトメッセージの送信などの操作が行えなかったことになります。


従って、再度ログイン操作を行う必要があったということでしょう。


ユーザーを認証できなくなった原因は今のところ不明ですが、長年Twitterを使用していてこのエラーが出たのは今回が初めてなので、今まで行っていなかった操作が原因の可能性があります。

今まで行っていなかった操作で行ったことと言えば、その直前にスマートフォンのTwitterアプリ「ついっぷる」にこの Twitter アカウントを登録して、スマートフォンでツイートを読んだりしていたことが関係あるのかもしれません。
(これとは全く関係が無い可能性もあります。)


対策

エラーメッセージ「Could not authenticate you.」が出た場合には、ユーザをTwitter側が認証できていないことが原因の可能性が高いため、再度認証をすれば直る可能性があります。

そのため、現在操作している画面をリロードしたり、ログアウトしたりして、再度ログイン画面を表示させ、ログインし直せば直る可能性があります。







関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...