日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年8月31日月曜日

Windowsの電卓を使って回数をカウント!

イントロダクション

何らかの回数を数えたいときってありますよね。

数が少ないうちは、手で数えたり、正の字を書いたり、頭の中でカウントしたりすることができます。しかし、だんだんと数えるのが面倒になってきたり、カウントしていた数値を忘れてしまうことすらあります。

そんなときには、回数を数えるための専用の道具が欲しくなります。


シンワ 数取器 手持型 B 75086


もし、目の前に Windows パソコンがあるのなら、手軽に回数をカウントすることができます!

今回は、Windows パソコンにほぼ確実に入っている「電卓」を使って、回数をカウントしてみます。

Windows の電卓 画像は Windows Vista のもの
Windows の電卓
画像は Windows Vista のもの


Windowsの電卓を使って回数をカウント!

事前準備

電卓を起動した後に、次の操作を行います。

(1)「+」ボタンを押す
「+」ボタンを押す
「+」ボタンを押す

(2)「1」ボタンを押す
「1」ボタンを押す
「1」ボタンを押す

以上で、事前準備は終了です。


回数をカウント

「=」ボタンを押す
「=」ボタンを押す
「=」ボタンを押す

「=」ボタンを1回押すごとに、1ずつカウントしていきます。

「=」ボタンを押す(2回目)
「=」ボタンを押す(2回目)

「=」ボタンを押す(3回目)
「=」ボタンを押す(3回目)



まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、Windowsに標準で付属している電卓プログラムを使うことで、簡単に回数のカウントを実現することができます。

手元に、手ごろな数取器が無い場合には、この方法を試してみても良いかもしれません。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...