日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年2月23日月曜日

noscriptタグが含まれたブログ投稿をFeedlyで配信したらどうなるか? - divタグに変換されて中身が見えます。

イントロダクション

JavaScript が動作しない環境で、その中身が表示される noscript タグですが、その noscript タグが含まれた投稿を Feedly で配信したらどうなるか、実験してみました。
(実験するつもりはなかったのですが、結果的に実験することになりました。)

noscript タグが含まれた投稿を Feedly で配信

次のような noscript タグが含まれる投稿を作成し、Google のブログサービス「Blogger」のブログに投稿しました。

HTML ソースコード:
<noscript>
 <p>
  このブログはJavaScriptが動作する環境で閲覧すると快適に見ることができます。
 </p>
</noscript>


その noscript タグを含んだ投稿が RSS として配信されて、Feedly で見た時には、次のようになっていました。

HTML ソースコード:
<div class="feedlyNoScript">
 <p>
  このブログはJavaScriptが動作する環境で閲覧すると快適に見ることができます。
 </p>
</div>


このように、noscript タグが div タグに変換され、class 属性として "feedlyNoScript" が付与されていました。

その結果、ブラウザが JavaScript に対応していても、対応していなくても、元のデータで noscript タグで囲った内容がブラウザで見えるようになっていました。

Feedly に配信された投稿のソースコード noscript タグが div タグに変換されている
Feedly に配信された投稿のソースコード
noscript タグが div タグに変換されている


Feedly では、script タグは除去される

Feedly では、記事の本文中に script タグが含まれていた場合には、その script タグは全て取り除かれるようです。
(実際に、script タグを含んだ記事を配信してみた結果、script タグの部分が全て取り除かれたことを確認しました。)

そのため、記事の内容が JavaScript に依存するような場合には、積極的に noscript タグを使用して、正常に本文が見えていないことをアピールした方が良いのかもしれません。


従って、noscript タグが div タグに変換されて、その中身が見えるという動作は、非常に良い配慮だと思います。

Feedly さん、Good Job です!


他者の Feed の内容を安全にページに表示しようと思った場合には、script タグのようなセキュリティ上の問題を引き起こすようなタグを削除することは真っ先に思い浮かびます。

しかし、その対応と対になって、noscript を必ず見えるようにするということは、見落とされてしまうものなのかもしれないものです。

その部分にもちゃんと対応されているという点で、ページ制作者・閲覧者ともに助かる施策だと言えるでしょう。


まとめ

  • Feedly に noscript タグを含んだ投稿を配信したところ、div タグに変換されていたため、その中身がブラウザに表示されることを確認しました。
  • Feedly の表示では、script タグは除去されるため、script が動作していないことを noscript で閲覧者に提示しても良さそうです。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...