日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年3月16日月曜日

Google Chrome のバージョン履歴を見る方法

イントロダクション

Google Chrome を使っていると、結構な頻度で細かくバージョンアップに遭遇します。

日々様々な改良や、不具合の修正、セキュリティ上の問題が行われていることを実感できます。


さて、その Chrome のバージョンアップですが、いつ頃どのバージョンが公開されたのか知りたいときってありますよね?

その目的をすぐに解決できる情報が、公開されています。


Google Chrome のバージョン履歴を見る方法

Google Chrome は、Chromium というオープンソースのウェブブラウザのプロジェクトが開発したソースコードを使用して開発されています。

そのため、Chromium の以下のページのリンクをたどることで、バージョン履歴を見ることができます。


Chromium Development Calendar and Release Info - The Chromium Projects
http://www.chromium.org/developers/calendar


上記ページの「Previous Release Information」のリンク先を開きます。

リンク先の「OmahaProxy CSV Viewer」の「Data Feeds」にて、「Recent release history (CSV)」を開きます。


すると、これまでのバージョン履歴を、CSV データとしてみることができます。

Chromium のバージョン履歴(例):
os,channel,version,timestamp
win,canary,43.0.2333.3,2015-03-15 23:05:23.058470
mac,canary,43.0.2333.3,2015-03-15 21:55:07.185450
... 省略 ...
win,stable,41.0.2272.89,2015-03-10 18:20:47.237080
... 省略

CSV 形式のデータなので、データがカンマ(,)で区切られて表現されています。

os:
リリース対象のオペレーティングシステム(os)です。

channel:
リリースチャンネルです。
リリースの種類に応じて canary, dev, beta, stable の 4 種類のチャンネルがあります。

そのうち、一般的に手に入れるのは、安定板である stable チャンネルです。
そのため、一般的な方法でインストールした Chrome のバージョンを調べるのであれば、channel が stable であるバージョンを調べます。

version:
リリースバージョンです。

timestamp:
公開日です。


例えば、Windows 版の Chromium の バージョン:41.0.2272.89 のリリースは次のように表現されます。

win,stable,41.0.2272.89,2015-03-10 18:20:47.237080


なお、Chromium と Google Chrome のソースコードは完全に同じものではなく、Google Chrome にはいくつかの独自機能が加わるようです。(*1)

*1:


そのため、リリース時間まで Chromium と Google Chrome が完全に一致するのかどうかは分かりません。


まとめ

Google Chrome のバージョン履歴は、Chromium の サイトで、CSV 形式のデータとしてみることができます。

ただし、Chromium と Google Chrome が完全に一致したものではないという点に注意が必要です。


参考文献









関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...