日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年4月9日水曜日

パソコンに負荷を手軽にかけたい人のためのバッチファイル

パソコンのCPU使用率を上げて、パソコンに負荷をかけたいときがありますよね。
たとえば、パソコンの消費電力を測定するときやソフトウェアの高負荷時のテストをするとき、パソコンの温度上昇を測定したいときなどです。



そういうときに追加にソフトウェアをインストールすることなく、手軽にパソコンに負荷をかける方法として、無限ループのバッチファイルを実行する方法があります。
以下のスクリプトをメモ帳などで「loop.bat」として保存します。

@echo off
:LOOP
goto :LOOP


mugen_loop_edit
メモ帳なので loop.bat として保存

あとは、その保存した「loop.bat」をダブルクリックして実行すると、無限ループによって1論理プロセッサのCPU使用率を100%にできます。

mugen_loop_bat
loop.bat をダブルクリックして無限ループを実行


パソコンのCPU使用率を100%にしたい場合には、論理プロセッサの数だけ「loop.bat」をダブルクリックして実行すればよいわけです。たとえば、2論理プロセッサのパソコンであれば、2つ同時に「loop.bat」を実行すれば、パソコンのCPU使用率は100%になります。

mugen_loop_result
2論理プロセッサのパソコンのCPU使用率を100%にした例


無限ループを終了したい場合には、「loop.bat」のコマンドプロンプトを閉じれば、無限ループが終了し、CPU使用率は実行前の状態に戻ります。

参考文献

バッチファイルで無限ループを作る - 2010-08-21 - とあるソフトウェア開発者のブログ
http://d.hatena.ne.jp/simply-k/20100821#20100821f1





関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...