日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年4月24日木曜日

見出しに<>が入っているとその部分が表示されない不具合を修正(実際の環境) - バグ修正(2) - Bloggerの記事に目次をJavaScriptで自動的に付与する

この記事は「そうだ!Bloggerの記事に目次を付けよう!」から始まる一連の「Bloggerの記事に目次をJavaScriptで自動的に付与する」シリーズの構成記事です。
記事一覧はページ下部の「Bloggerの記事に目次をJavaScriptで自動的に付与するシリーズ」よりどうぞ。

前回公開した配布用ソースコードにバグがあることが分かったので、その修正を行います。
今回は前回作成した「見出しに<>が入っているとその部分が表示されない不具合を修正」を実際の環境に適用してみたいと思います。


早速、作成したソースコードと実行結果を以下に示します。今回は実際の環境での実行です。

Bloggerのソースコード

<!-- 目次の自動生成 START -->
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;item&quot;'>
<!-- 投稿ページにのみ目次を表示する -->
<script type='text/javascript'>
//<![CDATA[
<!--
    /* 生成処理制御パラメータ */
    var min_auto_generated_index_items = 2;         /* 見出しの数がこの数以上になった場合に見出しを挿入する */

    /* ページ読み込み時に目次の生成・挿入処理を実行 */
    generateIndex();


    /* 
     目次の生成・挿入処理 
    */
    function generateIndex() {
        /* 投稿本文が格納されている div 要素を発見し、目次を挿入する */
        var divs = document.getElementsByTagName("div");
        for (var i = 0; i < divs.length; i++) {
            if (divs[i].id.lastIndexOf("post-body-", 0) == 0) {     /* 先頭一致 */
                /* 投稿本文が格納されている div 要素発見時の処理 */
                generateIndexForObj(divs[i]);
                break;
            }
        }
    }

    /* 
     目次の生成・挿入処理
      obj : 目次の挿入先
    */
    function generateIndexForObj(obj) {

        /* 目次として使用する見出しの一覧のHTML */
        var html_item = "";

        /* 見出しの数 */
        var item_count = 0;

        /*
         再帰的に見出しを検索し、目次の HTML を作成する
        */
        generateIndexHTMLRecursive(obj);
        function generateIndexHTMLRecursive(obj) {
            
            /* 見出しの列挙 */
            for ( var i = 0; i < obj.childNodes.length; i++ ) {

                /* 見出しタグの場合、見出しのレベルに応じて書式を設定して記録する */
                var originalTagName = obj.childNodes[i].tagName;
                if ( originalTagName !== void 0 ) {                 /* void 0 = undefined なので、originalTagName が undefined でなければ処理する */
                    var tagName = originalTagName.toLowerCase();
                    if ( tagName.lastIndexOf("h", 0) == 0 ) {
                        
                        /* アンカー設定
                           すでに id が設定されている場合は、その id をアンカーに用いる */
                        if ( obj.childNodes[i].id == "" ) {
                            obj.childNodes[i].id = "auto-generated-index_target" + item_count;
                        } 

                        var level = Number(tagName.substr(1, tagName.length - 1));      /* タグ hx の x の取り出し */
                        html_item += "<div id=\"auto-generated-index_content_h" + level + "\"><a href=\"#" + obj.childNodes[i].id + "\">" + obj.childNodes[i].innerHTML + "</a></div>\r\n";
                
                        item_count++;
                    }
                }

                /* 子ノードに対して再帰的に再帰的に見出しを検索 */
                generateIndexHTMLRecursive(obj.childNodes[i]);
            }
        }
        

        /* 目次のHTML */
        var html_index = "";
        if ( item_count >= min_auto_generated_index_items ) {
            html_index = "<div id=\"auto-generated-index\"><div id=\"auto-generated-index_title\">目次</div><div id=\"auto-generated-index_content\">" + html_item + "</div></div>";

            /* 本文に目次を挿入 */
            obj.innerHTML = html_index + obj.innerHTML;
        }
    }

    

//-->
//]]>
</script>
</b:if>
<!-- 目次の自動生成 END –>

スタイルシート

#auto-generated-index_title 
{
    border-style:solid;
    border-width:1px;
    border-color:#999999;
    background-color:#eeeeee;
    font-weight:bold;
    margin:10px 100px 0px 20px;
}
#auto-generated-index_content
{
    border-style:solid;
    border-width:1px;
    border-color:#999999;
    background-color:#ffffff;
    font-weight:normal;
    margin:0px 100px 20px 20px;
}
#auto-generated-index_content_h1
{
    text-indent:1em;
}
#auto-generated-index_content_h2
{
    text-indent:2em;
}
#auto-generated-index_content_h3
{
    text-indent:3em;
}
#auto-generated-index_content_h4
{
    text-indent:4em;
}
#auto-generated-index_content_h5
{
    text-indent:5em;
}
#auto-generated-index_content_h6
{
    text-indent:6em;
}


実行結果

下記のように、見出しに<>が含まれていても目次にちゃんと反映されるようになりました。




これでバグ修正は完了です。次はこのJavaScriptを軽量化して配布を行います。

「Bloggerの記事に目次をJavaScriptで自動的に付与する」シリーズ

[バグフィックス]





関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...