日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年5月4日日曜日

Blogger:「登録:投稿 ( Atom )」 リンクを消す時にハマった罠

記事「Bloggerトップページ改造計画>>更なる快適さと情報の見やすさを求めて...」にて、表示を軽くするためにBloggerの「登録:投稿 ( Atom )」 リンクを消しました。

その時にハマった罠があります。




「登録:投稿 ( Atom )」 リンク


この情報を削除するべく、Chromeの要素を検証にて、その部分のクラス名を特定し、
テンプレートの HTML の編集にて、以下の情報を削除しました。

<b:includable id='feedLinks'>
<b:if cond='data:blog.pageType != &quot;item&quot;'>
    <!-- Blog feed links -->
    <b:if cond='data:feedLinks'>
    <div class='blog-feeds'>
        <b:include data='feedLinks' name='feedLinksBody'/>
    </div>
    </b:if>
    <b:else/>
    <!--Post feed links -->
    <div class='post-feeds'>
    <b:loop values='data:posts' var='post'>
        <b:if cond='data:post.allowComments'>
        <b:if cond='data:post.feedLinks'>
            <b:include data='post.feedLinks' name='feedLinksBody'/>
        </b:if>
        </b:if>
    </b:loop>
    </div>
</b:if>
</b:includable>
<b:includable id='feedLinksBody' var='links'>
<div class='feed-links'>
    <data:feedLinksMsg/>
    <b:loop values='data:links' var='f'>
    <a class='feed-link' expr:href='data:f.url' expr:type='data:f.mimeType' target='_blank'>
        <data:f.name/>
        (
        <data:f.feedType/>
        )
    </a>
    </b:loop>
</div>
</b:includable>


これで消えるだろうと思い、プレビューをしてみても「登録:投稿 ( Atom )」リンクは消えていませんでした。

ダメ元でテンプレートを Blogger に適用して、もう一度テンプレートを開いてみると、消したはずの上記のソースコードが復活していました!!
何度上記の部分を消しても復活しました!


インターネットで情報を調べてみると、以下の情報が見つかりました。

Google グループ - 『登録:投稿(Atom)』? 
https://productforums.google.com/forum/#!topic/blogger-ja/kcxVp43hymM


その情報を元に、いままで削除しても復活していたコードに加え、以下のコードを削除しました。

<!-- feed links -->
<b:include name='feedLinks'/>


その後、Blogger へ適用してみると、無事「登録:投稿 ( Atom )」 リンクが消えていました。

消したはずのコードが復活するという動きでかなり混乱しましたが、これで問題は解決です。

※追記

この投稿を作成した時にはわかっていませんでしたが、原理的にそもそも消すのは b:includable タグの部分ではなく、b:include の方のみでよいものでした。




関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...