日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年5月2日金曜日

SyntaxHighlighter(3.x)で装飾されたソースコードを装飾ごとコピーし、Excel に張り付けて成形する

記事「SyntaxHighlighter(3.x)で装飾されたソースコードを装飾ごとコピーする:Excel編」にて、SyntaxHighlighter(3.x系)で装飾された Web ページ上のソースコードを、装飾も含めてコピーして、Excel へ貼り付けた結果を紹介しました。

その時に、単純に Excel に張り付けただけでは表示が崩れてしまったので、その時に行った表示を成形する方法(5ステップ)を紹介します。



(1) Excel へ張り付ける

(2) C列とD列の間の列のヘッダをドラッグして、ソースコードの一行が十分に表示されるだけの広さを確保する


(3)ソースコードの行を行のヘッダをドラッグすることで選択して、行と行の間の行のヘッダをダブルクリックして、高さを自動調整する


(4)C列とD列の間の列のヘッダをダブルクリックして、C列の幅を自動調整する

(5)B列とC列の間の列のヘッダをダブルクリックして、B列の幅を自動調整する


 以上で、ソースコードの表の整形が完了しました。
 おそらく、これが最も手順が少なくソースコードの表を成形できる方法だと思います。


SyntaxHighlighter の装飾を各言語別に試せる Web サービス運用中です!
装飾用 HTML の作成も行えます!

SyntaxHighlighter用の<pre>タグを作成するWebサービス - <pre> Generator for SyntaxHighlighter
http://drupa.jpn.org/SyntaxHighlighter-pre-Generator/





関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...