日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年12月18日木曜日

Google検索:検索キーワードの語数に制限があることは御存じですか?制限に遭遇する事例と影響

イントロダクション

今まで知りませんでしたが、Google 検索で使用できるキーワードの語数には制限があるようです。



Google、一度に入力できるキーワード数の制限を緩和〜32語まで入力可能に
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/01/25/6190.html

3/3 Googleにいるウサギで遊べる [企業のIT活用] All About
Googleは32個までキーワードが入力できるhttp://allabout.co.jp/gm/gc/296896/3/


今回は、その検索キーワード制限に遭遇した時の事例について記載します。


検索キーワード 32 語制限に遭遇した事例

パソコンの時刻が狂っていても正確な時刻を把握できる:NICTのサービスが便利!」を記載した時に、Windows の時計機能についての参考文献を記載したいと思い、Windows ヘルプと同等の内容が書かれているインターネット上のページを探そうと思いました。

Windows ヘルプに記載されている事柄は、(Microsoft 自身の手によって)インターネット上にも同様の情報が公開されていることがあるので、以下のキーワードでGoogle検索を行いました。

キーワード:
コンピュータの内部時計は、コンピュータ上でファイルを作成または変更したときに、時刻を記録するために使用されます。時計の時刻とタイム ゾーンは変更できます。


すると、Google 検索結果の上部に見慣れない以下の文面が表示されていました。

検索キーワードは 32 語までに制限されています。"変更" とその後に続く語句は無視されました。


どうやら、検索キーワードが多すぎたために、キーワードの最後の部分が無視されたようです。

普段、検索を利用している分には、この検索キーワードの語数制限に引っかかったことはなかったため、検索キーワードの語数制限があること自体、これで初めて知りました。


ほとんどの人にとってこの制限は意識する必要がないもの

検索キーワードが 32 語までに制限されていると言っても、この制限に触れてしまう人はほとんどいないのではないでしょうか?

今回のように、検索キーワードを既存の文章からコピー&ペーストで張り付けるようなパターンでなければ、32 語分のキーワードを手入力で入力するのは非常に面倒なため、その制限に達する前に検索を実行してしまうでしょう。

私自身は、手入力で検索キーワードを入れる場合には、なるべく最短のキーワードで検索を実行して、それで欲しい情報がなければだんだんと検索キーワードを増やしていきます。


上記で紹介した記事「3/3 Googleにいるウサギで遊べる [企業のIT活用] All About Googleは32個までキーワードが入力できる」を見ると、更新日が2008年12月15日と、今から 6 年前で情報が少し古いですが、検索キーワードの数ごとの、検索キーワード全体に対する割合が書かれています。

そこで、検索キーワード数1~5個までを合計すると、検索キーワード全体の 95.38% を占めています。

従って、それより多くのキーワード数で検索する人は、検索キーワード全体の 5% 以下です。


上記の記事中には、検索キーワード数の割合についての情報元へのリンクはありませんが、割合を元に情報元のオランダの「OneStat.com」を検索してみると、次の記事が見つかりました。

More and more people use 2 word phrases instead of 3 and 1 phrases in search engines according to OneStat.com
http://www.onestat.com/html/press-release-more-and-more-people-use-2-word-phrases-in-search-engines.html


この検索キーワードの割合は、「June 2008」のもののようです。
検索キーワード数が多くなるにつれて、検索キーワード全体に対する割合が減っていき、データとして記載されている中で最も長いキーワード数 10 では、検索キーワード全体の 0.12% となっています。


従って、検索キーワード制限 32 語が問題になる人は、ほとんどいないでしょう。


この投稿で伝えたいこと


  • Google 検索では、検索に使用できるキーワードの語数に制限がある
  • どういう事例で、このキーワードの語数制限に抵触してしまうのか
  • この語数制限に問題はあるのか






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...