日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年12月15日月曜日

マウスのホイール不調:3Dを操作するゲームをプレイすることではっきりと認識

イントロダクション

私が今まで使用していたマウスですが、以前から少し調子が悪くなっていました。

調子が悪くなったと言っても、基本的な移動やボタン操作には何の問題もありません。
唯一、調子が悪くなっていたのは、マウスの左右のボタンの中央にある”ホイールです。




マウスのホイールの不調

私が今まで使用していたマウスは、BUFFALO 製の BSMLU02M です。

USB接続 有線レーザー式マウス 5ボタンタイプ | バッファロー
http://buffalo.jp/products/catalog/supply/input/mouse/wire-laser/bsmlu02m/


高感度レーザー式センサーを搭載しており、光学式の数十倍の読取り感度があるということだったので、大変重宝していました。


しかし、数か月前からマウスのホイールの動きが何かおかしいことに気付き始めました。


一例として、ブラウザを使っているときの症状を挙げます。

ブラウザで表示しているHTML文書のリンクを開くとき、マウスのホイールを押すと新しいタブでリンク先のページを開くことができます。


そこで、マウスのホイールを押して、新しいタブでリンク先のページを開こうとしたのですが、全然開かないときがたまにありました。

逆に、1回のホイールの押し込みで、新しいタブが2~3個も開いてしまうときもありました。


とはいえ、特に気にならない時の方が多かったため、とりあえずそのまま使い続けていました。


マウスのホイールの不調を3Dを操作するゲームをプレイすることではっきりと認識

そんなこんなで、マウスのホイールに不調を感じつつも今日までそのマウスを使い続けてきました。

ところが、マウスのホイールを使って 3D を操作するゲームをプレイしてみたところ、はっきりとその不調を認識することになりました。


プレイしたのは、最新の SimCity というゲームです。




このゲームは、自分自身の好きなように街を作り上げていくもので、3D 表示した街をマウス操作によって視点移動します。

マウスのホイールを押した状態でマウスを移動すると、見ている対象を固定としてカメラ位置を回転させることができます。


しかし、なぜか意図したとおりに動いてくれません。
マウスのホイールを押して、マウスを移動しても、全然カメラ位置が移動しません。
移動したとしても、相当力を入れてマウスのホイールを押し込んだ状態で、かつ、何度か試したうちの 1 回という割合でしか成功しませんでした。

ここで、明らかにマウスのホイールの押した時の動作が不調だと認識できました。


このように、なかなか普段のマウス操作ではちょっとした不調には気付きにくいものですが、マウスの機能を十分に活用するものを操作すると、そういった不調をはっきりと認識できるようになります。

マウスの機能が不調かどうかを確かめるために、そういったマウスの機能を十分に活用するものを操作してみるとよいということを、今回のことから学びました。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...