日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年2月23日月曜日

Blogger:JavaScriptを含んだ投稿を編集する場合には、事前に作成モードを「HTML」に切り替えておくと便利です!

イントロダクション

Google のブログサービス「Blogger」では、投稿の本文に JavaScript を含めることができます。

しかし、Blogger 上で投稿を編集するうえで、注意点があります。
それは、JavaScript コードに不要な修正が自動で行われるという点です。

Bloggerの投稿編集では、JavaScript コードに不要な修正が自動で行われる

Blogger では、投稿の HTML ソースコードを編集することができます。
その時に、編集モードを「HTML」から「作成」に変更した時に、投稿の HTML に自動的に修正が行われることがあります

その修正が、自分が打ち込んだ HTML の問題点を修正してくれるものなら助かるのですが、時に余計な修正を行うことがあります。

Blogger の HTML 自動修正機能がときには邪魔になる...。どう対策するべきか...? - Dr.ウーパのコンピュータ備忘録
http://upa-pc.blogspot.jp/2014/05/blogger-html.html


そのリンク先に記載されているように、JavaScript コードに対して修正が自動的に行われるときがあり、JavaScript の文法エラーとなる修正が行われるときがあるのです。

この現象は、Blogger の投稿エディタを「HTML」で投稿を編集するモードから、見た目通りに投稿を「作成」するモードに切り替えた時などによく発生します。


そのため、Blogger の投稿本文に JavaScript コードを張り付けている投稿を編集する場合には、投稿の編集モードを「作成」にしないことが重要になります。

しかし何も考えずに、過去の Blogger の投稿を再編集したりすると、いきなり投稿の編集モードが「作成」になっていることがあります。

これでは、Blogger の投稿の HTML の自動修正機能が働いて、JavaScript コードが動かなくなってしまう危険性があります。


そのような場合に、対象する手段があります。
それは、あらかじめ別の投稿の編集にて、作成モードを「HTML」にしておくことです。


別の投稿の編集にて、作成モードを「HTML」にしておくことで、「作成」モードになることを回避

あらかじめ別の投稿の編集にて、作成モードを「HTML」にしておくと、次から投稿を編集状態にしたときには、「作成」モードではなく、「HTML」モードで投稿の編集を開始できます!

このテクニックを使用すれば、もう JavaScript コードに Blogger の投稿エディタの自動修正機能が働いて、JavaScript コードが動かなくなっているということを防止することができます。


まとめ

Blogger では、投稿を編集したときに「作成」モードになると、投稿のHTMLに自動的に補正がかかることがあります。

その自動的な投稿の HTML の補正を防ぐため、あらかじめ投稿の編集の状態を「HTML」モードにしておく方法があります。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...