日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年3月12日木曜日

Chrome:フォームのユーザ名とパスワードの組み合わせが、正常に保存できない時の対処法

イントロダクション

各種Webサービスのログインに使用するユーザ名とパスワードは、それぞれのWebサービスごとに異なるものを設定しているので、すべて覚えていることは困難です。


そこで、私の場合には、それほど重要度が高くないWebサービスに対しては、ユーザ名とパスワードの組み合わせをブラウザに記憶させています。

そうすることで、わざわざユーザ名とパスワードを、Webサービスのログイン画面が表示されるたびに入力し直さなくても、ブラウザが自動的にそのWebサービスのユーザ名とパスワードを入力した状態にしておいてくれます。

Chrome:フォームのユーザ名とパスワードの組み合わせが、正常に保存できない

ブラウザの種類や設定によって多少動作は異なる可能性はありますが、パスワードの保存を確認するように設定した Chrome の場合、初めて 利用するWeb サービスへログイン情報を入力して、ログインを実行すると、その時に入力したユーザ名とパスワードの組み合わせをブラウザに記憶させるかどうかの確認が表示されます。

そのときに、どのような情報が保存されるのか画面上に表示されますが、ログインに必要なユーザ名とパスワードの両方を保存したいのに、片方しか保存されない場合があります。

そのような場合には、一度ログインした Webサービスからログアウトして、再度ログインページを表示してみると、片方の情報しか自動入力されていないということが発生します。

これでは、せっかくブラウザにログイン情報を保存しているのに、ログインに必要な情報がそろわず、残りの情報を手動で入力する必要があったり、場合によっては、ユーザ名とログインパスワードの両方を入力し直す必要があります。


また、場合によっては、ログイン情報自体が保存されない場合もあります。


そのような場合にはどうしたらよいでしょうか?
その一つの対策に、再度ログインし直すという方法があります。


Chrome:フォームのユーザ名とパスワードの組み合わせが、正常に保存できない場合の対処方法

一回目のログインにて、正常にログインユーザ名とパスワードの組み合わせが正常に記録されなかった場合、一度ログアウトします。

そうして、再度ログインページへ行き、ログインを実施します。


すると、今度は正常にログインユーザ名とパスワードの組み合わせが、ブラウザへ記録される場合があります。


なお、この操作を何度繰り返しても、正常にブラウザへ記録されない場合には、ブラウザの設定にて、ログインフォームのログイン情報をブラウザへ記録するように設定されているかどうかを確認する必要があります。


また、もし、以前にそのページではログイン情報を保存しないという操作を行っている場合には、そのページでログイン情報を保存できるように、ブラウザの設定のパスワードを保存しないページのリストから、そのページを削除する必要があります。


この対処方法の注意点として、あまり短時間にWebサービスに対する、ログインとログアウトを繰り返さないようにしなければならないという点です。

一般的に、ログインとログアウトは、Webサービスへ負荷をかける行為になります。
そのため、あまりWebサービスへ負荷をかけないように、配慮する必要があります。


注意

重要な情報を扱うサイトのログインフォームでは、ユーザ名とパスワードをそもそも保存できないようにしてあるところもあります。

また、いろいろな人が使用できる共有のパソコンでは、ユーザ名とパスワードを記録しないように注意しなければなりません。


まとめ

Chrome で、フォームのユーザ名とパスワードの組み合わせが、正常に保存できない時には、再度ログインし直してみましょう。

そうすると、今度は正常にフォームのユーザ名とパスワードの組み合わせをブラウザへ記録することが出来る場合があります。


※ この対処方法は、直近で有効であることを確認したのは Chrome ブラウザですが、Chrome 以外のブラウザでも、有効の可能性があります。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...