日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年4月11日土曜日

過去に戻る操作が記録なら、未来へ行く操作は何か?

イントロダクション

技術の進歩によって、人は空間的な制約から解放されつつあることを書きました。


技術の進歩により、人は空間的な制約から解放されつつある。そして、時間、現実からも。
http://upa-pc.blogspot.com/2015/04/human-future.html
Dr.ウーパのコンピュータ備忘録



そして、時間的な制約、最終的には現実からも解放されるということも記載しました。


過去に戻る操作:昔保存した記録を再生する

その中で、人が時間的な制約から解放される条件として、現実の物理量を記録し、保存することが必要になります。

そして、その保存した時点からの時間が経てばたつほど、それを再生した時には、より古い時点の過去を再現することになります。

つまり、より昔へ戻る(より過去を再現)ことを意味します。




未来へ行く操作とは何か?

「未来へ行く操作とは何か?」と題を打ってみましたが、正直未来へ行く方向の操作は思いつきません。

強いて挙げれば、膨大な現時点と過去のデータを基にしたシミュレーションでしょうか。

しかし、現実的にすべての情報をデータ化することは難しいものです。
そして、現実世界には不確実性があります。


ただし、確実な未来を得ることはできなくても、そこそこ精度のよい未来を得ることは出来るのかもしれません。


まとめ

過去の情報を記録すると、その時点から時間が経過した時点において、経過した時間分の過去に戻る(過去を再現)ことが出来るようになるでしょう。

未来を見るには、シミュレーションぐらいしか現在は思いつきませんが、その点についてもう少しいろいろと考えてみたいと思います。








関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...