日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年4月26日土曜日

ページ表示速度改善:SyntaxHighlighter使用箇所があれば読み込む(最適化したコードをBloggerに設置編)

追記:

タイトルが長かったため

「SyntaxHighlighter:ページの表示速度を改善するため、ページ内にSyntaxHighlighterを使用する箇所がある場合に、jsとcssを読み込むようにした」



「ページ表示速度改善:SyntaxHighlighter使用箇所があれば読み込む」

に修正しました。

はじめに

SyntaxHighlighterを使用するとページに記載したソースコードをきれいに表示することができます。

しかし、SyntaxHighlighterを利用する場合、(当然ですが)外部のJavaScriptとスタイルシートを読み込む必要があり、その分表示が遅くなります。
従って、SyntaxHighlighterを使用しているページならその表示遅延は許容せざるを得ませんが、SyntaxHighlighterを使用していないページまでその表示遅延を許容する必要はありません。

そこで、SyntaxHighlighterの使用状況に応じて、読み込むSyntaxHighlighterのJavaScriptとスタイルシートを動的に変更する仕組みを考えてみました。


今回は前回 Blogger に設置した SyntaxHighlighter の動的必要最低限機能の読み込み JavaScript を最適化して、ページの読み込み速度の計測をしてみました。





最適化した SyntaxHighlighter の動的必要最低限機能の読み込み JavaScript 

JavaScript コードは、Closure Compiler(Googleが提供しているコード圧縮・最適化ツール)にて最適化しました。
Blogger への設置のため、<b:if></b:if>の追加と、<script type="text/javascript"></script>のすぐ内側に//<![CDATA[ と //]]> を追加していますが、それ以外の部分はそのまま普通の Web ページに設置できる形をとっています。

    <b:if cond='data:blog.pageType == &quot;item&quot;'>

      <!-- 投稿ページにのみ SyntaxHighlighter を適用する -->

      <!-- SyntaxHighlighter START -->

      <script type='text/javascript'>

        //<![CDATA[

        <!--

(function(){function h(b){var a=document.createElement("link");a.setAttribute("rel","stylesheet");a.setAttribute("type","text/css");a.setAttribute("href",b);f(a)}function k(b,a){var c=document.createElement("script");c.setAttribute("type","text/javascript");c.setAttribute("src",b);a?(c.onload=c.onreadystatechange=function(){if(!c.readyState||/loaded|complete/.test(c.readyState))c.onload=c.onreadystatechange=null,d=!1,g()},m(function(){f(c)})):f(c)}function f(b){document.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(b)}

function n(b){l(function(){d=!0;b();d=!1})}function m(b){l(function(){d=!0;b()})}function l(b){d||0!=e.length?e.push(function(){b();g()}):(b(),g())}function g(){if(!d&&0<e.length){var b=e[0];e.splice(0,1);b()}}var e=[],d=!1;(function(){function b(a,b){""!=b[a]&&(k(b[a],!0),b[a]="")}var a=[];a.js="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushJScript.js";a.xml="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushXml.js";a.csharp="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushCSharp.js";

a.cpp="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushCpp.js";a.css="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushCss.js";a.java="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushJava.js";a.perl="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushPerl.js";a.plain="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushPlain.js";a.vb="http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shBrushVb.js";for(var c=0,d=document.getElementsByTagName("pre"),e=0;e<d.length;e++){var f=

d[e].className.match(/(brush:\s*)([^\s]+)/);if(null!=f){0==c&&(h("http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/styles/shCore.css"),h("http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/styles/shThemeDefault.css"),k("http://alexgorbatchev.com/pub/sh/current/scripts/shCore.js",!0));switch(f[2]){case "js":case "jscript":case "javascript":b("js",a);break;case "xml":case "xhtml":case "xslt":case "html":case "xhtml":b("xml",a);break;case "csharp":case "c-sharp":b("csharp",a);break;case "cpp":case "c":b("cpp",a);break;

case "css":b("css",a);break;case "java":b("java",a);break;case "perl":case "pl":b("perl",a);break;case "plain":case "text":b("plain",a);break;case "vb":case "vbnet":b("vb",a)}c++}}0<c&&n(function(){SyntaxHighlighter.config.bloggerMode=!0;SyntaxHighlighter.all()})})()})();

        //-->

        //]]>

      </script>

      <!-- SyntaxHighlighter END -->

    </b:if>



効率化率

効率化前の JavaScript コードのサイズ:10.2 KB (10,514 バイト)
効率化後の JavaScript コードのサイズ:2.27 KB (2,325 バイト)

効率化によってコードサイズは 1/5 弱 になりました。

なお、Closure Compilerではデバッグ用ログ出力 log() の部分の省略が行えなかったため、手動で削除しました。


ページの読み込み速度計測


SyntaxHighlighter の動的必要最低限機能の読み込み使用前


GTmetrix : SyntaxHighlighter の動的必要最低限機能の読み込み使用前

SyntaxHighlighter の動的必要最低限機能の読み込み使用後

GTmetrix : SyntaxHighlighter の動的必要最低限機能の読み込み使用後


比較結果

Page load time は 9.38s から 3.37s と 1/3 くらい短くなっています。
Page Speed Grade は B のまま変わりありませんが、YSlow Grade は E から D に上がりました。

※ 勿論、この読み込み速度の結果はネットワーク状態によって左右されるため、一概に今回の施策によって速度が改善されたとは述べることができません。

しかしながら、次に示すように読み込まれた SyntaxHighlighter の外部ファイルを比較すると、改善前と比べて改善後は読み込まれたファイルの数は大幅に削減されています。

改善前
GET shCore.css

 from alexgorbatchev.com

GET shThemeDefault.css

 from alexgorbatchev.com

GET shCore.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushCpp.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushJava.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushPerl.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushPlain.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushVb.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushXml.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushJScript.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushCSharp.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushCss.js

 from alexgorbatchev.com

GET shThemeDefault.css

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushJScript.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushJava.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushPerl.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushPlain.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushVb.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushXml.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shCore.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushCss.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shCore.css

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushCpp.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushCSharp.js

 from agorbatchev.typepad.com

改善後
GET shCore.css

 from alexgorbatchev.com

GET shCore.js

 from alexgorbatchev.com

GET shThemeDefault.css

 from alexgorbatchev.com

GET shCore.css

 from agorbatchev.typepad.com

GET shThemeDefault.css

 from agorbatchev.typepad.com

GET shCore.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushJScript.js

 from alexgorbatchev.com

GET shBrushJScript.js

 from agorbatchev.typepad.com

GET shBrushCss.js

 from agorbatchev.typepad.com

 

読み込まれた SyntaxHighlighter の外部ファイルの比較


またページの読み込みのタイムラインを比較してみると、改善前は最初に SyntaxHighlighter  のすべてのファイルに対してアクセスが行われた後、ページ内の各要素の読み込みが行われていたため、その分の待ち時間を含めた処理時間の分だけページの表示が遅くなっていました。

改善前 - タイムライン


改善後のページの読み込みのタイムラインでは、ページの各要素を読み込んでいる途中で SyntaxHighlighter の外部ファイルへのアクセスを行っているため、SyntaxHighlighter の待ち時間を含めた処理時間の分だけ待たされることが無く、ページの表示が行えています。




改善後 - タイムライン


まとめ

SyntaxHighlighter の動的必要最低限機能の読み込み JavaScript を最適化して、ページの読み込み速度の計測を計測してみたところ、表示速度に改善が見られました。

ひとまずこれで今回の目的は達成されたと思います。
しばらくこれで様子を見たいと思います。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...