日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年7月18日金曜日

Windows8.1が起動しなくなったので:Mac book proをSSDに換装してWindows8をインストール

前回:「Mac book proにインストールしたWindows8.1が起動しなくなった:driversの.sys破損

イントロダクション

Mac book proにインストールしたWindows8.1の「C:\Windows\System32\drivers」にある 2 つの .sys ファイルが壊れたため、Windows8.1が起動しなくなりました。

そのため、Windows を再インストールしなければならなくなりました。
せっかくなので、HDDをSSDに換装して、Windows を再インストールすることにしました。



手順

SSDにMac OS領域をコピー

以前使用していた SSD (Intel SSD 520 Series(Cherryville) 240GB 2.5inch Reseller BOX SSDSC2CW240A3K5) を Mac book pro 用に使用することにしました。

SSDを「タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA」を使用して Mac book pro に接続しました。


Mac book pro の起動時に Recovery HD を選択し、そこからディスクユーティリティを起動しました。

ディスクユーティリティを使用して、SSD に Mac OS で使用するパーティションとWindows で使用するパーティションを作成しました。

その後、ディスクユーティリティを使用して、Mac OS の領域を HDD から SSD にコピーしました。

※なお、今回は Recovery HD の領域を HDD から SSD にコピーし忘れていたため、SSD を使用してパソコンを使用すると Recovery HD が使えなくなっています。そのうち、SSD に Recovery HD の領域を復元させる予定でいます。


SSD を Mac book pro に換装

以下の記事を参考にして、Mac book pro の背面パネルを外して、HDD から SSD に換装しました。

MacBook Proの内蔵HDDを最新SSDに交換する・リターンズ(2014年春版) (1) ちょっと古いMacBook ProでMavericksを快適に使う | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/kikaku/2014/03/28/001/


記事にも書かれていますが、「6番(T6)トルクスドライバー」が無いと HDD を Mac book pro に固定している部品を外して、SSD にその部品を装着し、SSD を Mac book pro に固定することができませんので、事前に用意しておくことが必要です。
(「00番(#00)プラスドライバー」はよく使用するので手元にありましたが、「6番(T6)トルクスドライバー」はあまり一般的ではないので、今回新規購入しました。)

余談ですが、Mac book pro の背面のネジが 10 箇所もあり、結構外すのが面倒でした。


Windows8をインストール

Windows8 のインストールDVDを使用してインストールしました。

Windows8 のインストールDVDをドライブにセットして、Mac book pro 立ち上げ時に Windows8 のインストールDVDの Windows から起動するように指定しました。

あとは、Windows8 のインストールDVDの指示に従って、Windows8 を空きパーティションに新規インストールしました。


Windows8をWindows8.1にアップデートするなど各種作業

上記の手順でWindows8 をインストールすると、Windows用のbootcampのドライバ類が入っていないため、公式サイトよりドライバをダウンロードしてインストールしました。

アップル - サポート - ダウンロード
http://support.apple.com/ja_JP/downloads/#macoscomponents


現時点で最新のドライバとして、Boot Camp Support Software 5.1.5621とBoot Camp Support Software 5.1.5640がありますが、どちらが使用できるのかは使用している Mac によって異なります。(使用できないドライババージョンのセットアップを起動すると、インストールできないというメッセージが表示されて終わります。)

使用している Mac によって、どちらが使用できるのかは、それぞれのドライバのページに書かれているので、それを参照します。

Boot Camp Support Software 5.1.5621
http://support.apple.com/kb/DL1720?viewlocale=ja_JP

Boot Camp Support Software 5.1.5640
http://support.apple.com/kb/DL1721?viewlocale=ja_JP


その他、Windows8 を Windows8.1 にする作業など、各種ソフトウェアのインストールを行いました。

また、HDD から SSD へ各種データの移行も実施しました。


以上で、Mac book pro で元の Windows環境を再生できました。

やはり、HDD から SSD に変更すると、圧倒的に動作が早くて快適です。


しかしながら、この作業で丸1日を費やしました。
やっぱり時間がかかるものです。




関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...