日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年10月18日土曜日

連絡先のQRコードを作成するためにNTT docomoのQRファクトリーを使ってみた

いままで自分の連絡先を相手に伝える際には、スマートフォンからスマートフォンへの直接的なやり取りで伝えていたのですが、今回紙媒体を介して相手に連絡先を伝える必要性がありました。

そこで、相手が簡単に連絡先を携帯電話へ登録できるように、紙に連絡先をQRコードとして印刷することにしました。

今回連絡先のQRコードを作成するために使用したのは、NTT docomoが公開している「QRファクトリー」というソフトウェアです。



作ろうiモードコンテンツ:QRファクトリー | サービス・機能 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/service/developer/make/content/barcode/tool/index.html


QRファクトリー 操作画面


QRファクトリー を使用することで、電話帳、メール、ブックマーク、テキスト、コンテンツ、iアプリ用の QRコードを作成することができます。

今回は連絡先を登録するためのQRコードを作成するため、「機能」の中から「電話帳」を選択し、「電話帳登録」の部分に必要な情報を入力します。今回は、試しのデータとして以下の名前・フリガナ・電話番号を入力してみます。

名前:田中 一郎
フリガナ:タナカ イチロウ
電話番号:000-0000-0000


必要項目を入力したら、出力の中から出力方法を選択します。QRコードをすぐに印刷して利用したい場合には、印刷ボタンを押します。
QRコードを画像ファイルとして保存したい場合には、保存ボタンを押します。
QRコードをクリップボードに保存したい場合には、コピーボタンを押します。

上で入力した連絡先のQRコードを画像ファイルとして出力したものが、以下のQRコードです。
電話帳登録に以下のデータを入力して作成したQRコード
名前:田中 一郎
フリガナ:タナカ イチロウ
電話番号:000-0000-0000

以上の手順により、簡単に連絡先の QR コードを作成することができます。


この投稿で伝えたいこと


  • NTT docomo が公開している QRコード作成ソフトウェアがあるということ
  • そのソフトウェアを使用して、簡単に連絡先の QR コードを作成できること
  • 作成した QR コードは印刷、保存、クリップボードへコピーすることができること






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...