日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年2月6日金曜日

プリントスクリーンしたら写らないはずのカーソルがキャプチャされた!?何故!?

イントロダクション

本日、ブログの投稿を作成するために、Chrome の画像を、キーボードの「Print Screen」ボタンにてキャプチャしていました。

Chrome 上で操作しては、プリントスクリーンを実行し、Photoshopへ張り付けて画像として保存、という作業を繰り返していました。



その中で一つ気になった画像がありました。
以下の画像です。

Chrome の画面を Windows 標準のスクリーンキャプチャ機能 (キーボードのPrint Screen ボタン)によって画像として保存したもの  よく見ると、画像の右側に本来ありえないものが写りこんでいる
Chrome の画面を Windows 標準のスクリーンキャプチャ機能
(キーボードのPrint Screen ボタン)によって画像として保存したもの

よく見ると、画像の右側に本来ありえないものが写りこんでいる

画像は、Chromeにて、このブログのモバイル表示のページを表示している場面をスクリーンキャプチャしたものです。

おわかりいただけたであろうか?(某番組風に)
画面の右側に本来 Windows の標準の Print Screen では写らないものが写っていることに。

スクリーンキャプチャに写りこんだカーソル


(´・ω・`)・ω・`) キャー
/  つ⊂  \


 プリントスクリーンしたら写らないはずのカーソルがキャプチャされてる!?

上記の画像を見るとわかるように、プリントスクリーンでキャプチャした画像内に、マウスのカーソルが写りこんでいます。

これは、本来ありえないことです。

Windows 標準のスクリーンキャプチャ機能(キーボードのPrint Screen ボタン)によってキャプチャした画像には、マウスのカーソルが写りこむことはありません。


そのため、マウスカーソルを含んだ画面のキャプチャを撮る為に、そのような機能を持ったソフトウェアを導入することによって、マウスカーソルを含んだ画面のキャプチャを作成するのが一般的です。

もしくは、Windows 標準の機能だけで頑張る派の人は、Windows に付属する拡大鏡というソフトウェアを使用して、マウスカーソルを含んだ画面のキャプチャを作成する場合もあるようです。

『Windows 7』で画面をキャプチャする際にマウスカーソルを含める方法: パソコン・FXなどに関する日記
http://kingpcfx.seesaa.net/article/263311546.html


写りこんだのは一度きり

これ以降も、Chrome 上で操作しては、プリントスクリーンを実行し、Photoshopへ張り付けて画像として保存、という作業を繰り返してみたのですが、マウスカーソルが画像に写りこんだのはその時の一度きりでした。

自分自身がいままで Windows を操作してきた中でも、この現象に遭遇したのは初めてだと思います。


通常、Windows 標準のスクリーンキャプチャ機能(キーボードのPrint Screen ボタン)によってキャプチャした画像には、マウスのカーソルが写りこむことはありません。

しかし、何らかの原因により、写りこんでしまうこともあるのだということが、今回の出来事で分かりました。


現象を確認した環境

OS:Windows Vista Business 64bit(詳細)
Chrome:バージョン 40.0.2214.94 m






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...