日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年5月14日木曜日

slideshare:スライドをめくることができないトラブルとその暫定対処方法

イントロダクション

インターネット上でプレゼンテーション資料を共有する場合には、slideshare が便利です。

Upload, Share, and Discover Content on SlideShare
http://www.slideshare.net/


その slideshare ですが、slideshare のサイト上のスライドがうまく動かないというトラブルが発生しているようです。(2015/5/14 20:45現在)

slideshare:スライドをめくることができないトラブルとその暫定対処方法

現象

パソコンのブラウザで表示した slideshare の Web サイト上のスライドにおいて、以下の不具合を確認しました。
  • スライドをめくることができない。
  • スライドのシェアのボタンが動かない。
  • スライドの埋め込みのボタンが動かない。
  • フルスクリーン表示が動かない。
等。
Like ボタンは反応しました。

Webページ等への埋め込みのスライドや、モバイルで表示したスライドは正常に動くことを確認しました。


機能として一番問題なのは、スライドがめくれないという点でしょう。
スライドの 1 ページ目しか、見れない状態です。

なお、暫定的にスライドの内容を確認する方法はありました。
「暫定対処法」に、その方法を記載しました。


現象確認日時

私がこの現象を確認したのは、2015/5/14 16時頃です。
2015/5/14 19:17 現在も、この現象が継続しています。

Twitter のツイートを検索してみると、前日から発生しているようです。
更にさかのぼってみると、6 日前にも、スライドが再生できない人がいたようです。

追記:
人によって、この現象が発生していない可能性があります。
(理由は後述)


動作確認環境

Windows Vista Business 64bit
Chrome : バージョン 42.0.2311.135 m
Internet Explorer : 9.0.8112.16421
Firefox : 37.0.2


原因

トラブルが発生している slideshare のサイト上のスライドのコンソールを確認してみると、次のエラーが発生していました。


トラブルが発生している slideshare のサイト上のスライドのコンソール
トラブルが発生している slideshare のサイト上のスライドのコンソール

Resource interpreted as Script but transferred with MIME type text/html: "http://public.slidesharecdn.com/b/slideview/scripts/combined_presentation_init.js?750c9eb43d".
Uncaught SyntaxError: Unexpected token <
Uncaught ReferenceError: SSPlayer is not defined


エラーを見てみると、script を取得したいはずなのに、html が返ってきているとあります。


実際に、エラーの発生している js ファイル、

http://public.slidesharecdn.com/b/slideview/scripts/combined_presentation_init.js?750c9eb43d

の中を見てみると、


次のように、503 のエラーページが返ってきています。

~省略~

<title>SlideShare &raquo; 503 Error</title>

~省略~

<body>
<div id="container">
  <h1>Something went wrong!</h1>
  <p>This is probably a temporary error.
  <ul>
    <li>- Try <a href="javascript:location.reload(true)">refreshing</a> the page or</li>
<li>- <a href="javascript:history.go(-1);">Go back</a> and try again</li>
  </ul>
  </p>
</div>
<span class="errorCode">503 Error</span>
</body>

~省略~

http://public.slidesharecdn.com/b/slideview/scripts/combined_presentation_init.js?750c9eb43d をブラウザで表示した場合
http://public.slidesharecdn.com/b/slideview/scripts/combined_presentation_init.js?750c9eb43d
をブラウザで表示した場合


「combined_presentation_init.js?750c9eb43d」 の ? 以降を消してみると、JavaScript コードが返ってきました。

しかし、この JavaScript コードが期待しているものなのかどうかは分かりません。

とりあえず、slideshare 側で対処が行われるまでは、暫定対処法によって、スライドを見るのが良さそうです。


暫定対処法

暫定対処法を、以下のページにまとめました。


slideshare:スライドをめくることができないトラブルが発生している模様[簡易版]
http://upa-pc.blogspot.com/2015/05/slideshare-button-trouble-easy.html
Dr.ウーパのコンピュータ備忘録


まとめ

slideshareにて、スライドをめくることができないトラブルが発生しています。

スライドを動かすのに必要な JavaScript ファイルの取得にて、何らかのトラブルが発生しているようです。

このトラブルが解消するまでは、暫定対処法によって、スライドを見るのが良さそうです。


追記:この現象は全員が遭遇しているのか?

slideshare のスライドのwebページへ接続するクライアントの物理的な場所を変えてみたところ(おそらく海外のクライアントパソコン)、正常に slideshare のスライドをめくることが出来ました。

そのため、slideshare に接続するクライアントパソコンの地理的な要因により、この現象に遭遇している人と、していない人がいる可能性があります。(もしくは、遭遇するタイミングが異なるかもしれません。)

もしかしたら、slideshare にアクセスするクライアントパソコンの物理的な地理によって、サービスを提供するサーバや内部状態が異なっているのかもしれません。(推測です)


2015/5/15 追記:私の環境では正常にスライドをめくれるようになりました

2015/5/15 の朝に、slideshare サイト上のスライドのページにて、リロードを行ってみたところ、正常にスライドをめくれるようになっていました。

なお、人によってこのトラブルに遭遇するタイミングが異なるような話を観測しているので、人によってはまだ正常にスライドがめくれない状態になっている可能性があります。


余談ですが、今回スライドを正常にめくることができた slideshare の Web ページのソースコードにおける combined_presentation_init.js の読み込み部を見てみると、URL は、

http://public.slidesharecdn.com/b/slideview/scripts/combined_presentation_init.js?dbaf9aa69a

となっていました。

503 エラーとなって読み込みに失敗していた combined_presentation_init.js の読み込み部の URL は、

http://public.slidesharecdn.com/b/slideview/scripts/combined_presentation_init.js?750c9eb43d

となっていたので、URL に付与されている ? 以降の文字列が異なっていることが分かります。
(なお、現時点でも、750c9eb43d が付与されている方の combined_presentation_init.js を読み込むと、503 エラーの html ページが返ってきます。)


この文字列の変更が今回のトラブルと関係のあるのかわかりません。
もし、関係があるとしたら、配信ネットワーク内の一部でリソースの依存関係がおかしく(古く?)なっていたのかもしれません。
(あくまで推測です。)






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...