日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年10月7日水曜日

Chrome:エラー「このウェブページの表示中に問題が発生しました。」が表示されたときの対処

イントロダクション

Chrome でインターネット上のWebページを見ていたところ、突然、ブラウザの画面にエラー「このウェブページの表示中に問題が発生しました。」というエラーメッセージが表示されました。

私の環境でこの現象が発生する状況と、そのときの対処について記載します。

Chrome:エラー「このウェブページの表示中に問題が発生しました。」が表示されたときの対処

現象

Chrome で表示していたWebページが、次のエラーメッセージの画面に切り替わります。

Chrome エラー このウェブページの表示中に問題が発生しました。 不要なアプリやタブを閉じると、使用できるメモリが増える可能性があります。
Chrome
エラー
このウェブページの表示中に問題が発生しました。
不要なアプリやタブを閉じると、使用できるメモリが増える可能性があります。

左下の「詳しく見る」のリンクをクリックすると、次の Chrome のヘルプのページが表示されます。

「エラー」ページが表示される問題を解決する - Chrome ヘルプ
https://support.google.com/chrome/answer/95669?p=e_awsnap&rd=1

対処

たいていの場合、ページの再読み込み(リロード)を行うことで、正常にページが表示されます。

ただし、パソコンのメモリが不足している場合には、ページの再読み込みを実施してもエラーのままであったり、短時間に連続的にこのエラーが発生し続けることがあります。その場合には、起動している他のChromeのウィンドウやタブを閉じたり、他の起動中のアプリケーションを閉じることで、パソコンが使用可能なメモリの空きを増やす必要があります。

※ヒント メモリ不足が原因かどうかを判断するには、Windows であれば、Windows タスクマネージャを起動して、物理メモリ・仮想メモリの使用状況を確認します。物理メモリ・仮想メモリともに、使用可能なメモリ量と実際に使用しているメモリ量の値がひっ迫しているような場合には、メモリ不足が原因の可能性が高いと判断できます。

なお、それでも問題が解決しない場合には、パソコンを再起動するなどの対処を実施します。

この現象に遭遇した状況

私がこの現象に遭遇するのは、たいていパソコンのメモリの空きが不足不足した時です。Chrome のウィンドウを 十数個立ち上げた上に、それぞれでタブを数個~十数個立ち上げて作業していると、私のメインノートPC(Windows Vista Business 64bit)のメインメモリと仮想メモリ(仮想メモリのサイズは可変ですが、仮想メモリを展開しているドライブの空き容量がほとんどないために、仮想メモリの最大の大きさに制限が出来ている状態です)を使い果たして、上記のエラーに遭遇することがあります。

まれに、メモリが十分ある状態でこの現象に遭遇したこともあります。
その場合には、すぐにページを再読み込みを実施することで、正常にWebページを表示することが出来ました。


まとめ

Chromeにて、エラー「このウェブページの表示中に問題が発生しました。」が表示されたときには、
  • ページの再読み込み
  • パソコンの空きメモリを増やしてから、ページの再読み込み
  • パソコンを再起動してから、ページの読み込み
を実施すると、正常にページが表示される可能性があります。


余談

そういえば、少し前までは、このような状態で発生するエラーは紺色の背景に、白い文字でエラーメッセージが記載されていました。
メモリが足りない環境で、Chromeを使っているとすべてが強制終了される恐怖を味わう。メモリが豊富な環境を早く構築せねば。
http://upa-pc.blogspot.com/2015/03/chrome-no-memory-shutdown.html
Dr.ウーパのコンピュータ備忘録




関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...