日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2016年1月31日日曜日

Windows10:日本語入力時にたまにフリーズする。予測変換が原因?

イントロダクション

以前Windows VistaがインストールされていたノートPCに、Windows 10 Pro(64bit版)をクリーンインストールして使用しています。

最近次のような現象に遭遇することがあります。

Windows10:日本語入力時にたまにフリーズする。予測変換が原因?

環境

OS : Windows 10 Pro(64bit) バージョン1511


現象

メモ帳などに日本語の文章を入力していると数文字入力した段階で入力先のアプリケーションがフリーズしてしまい、操作できなくなります。
また、日本語を入力していたアプリケーションだけではなく、他のアプリケーションやWindows自体がフリーズすることがあります。


この現象に遭遇した時の対処

数分待っていると、フリーズが直り、操作できるようになる場合があります。

操作できるようにならない場合、マウスカーソルは動かせるので、フリーズしたアプリケーションの右上の閉じるボタン(×マーク)を何度かクリックし、フリーズしたアプリケーションを強制終了します。すると、その他のアプリケーションやWindows自体のフリーズが治る場合があります。


それでも操作できるようにならない場合には、キーボードの「Windowsマーク」を押しながらキーボードの「L」を押すショートカット(Windows + L)を使用して、Windowsのロック画面を表示させます。その画面から、Windows自体を再起動させます。


原因の推測

この現象に遭遇する利用タイミングはまちまちですが、私の環境では日本語を 3 文字分キーボードから入力したタイミングで発生します。

通常、私の環境では日本語を 3 文字分キーボードから入力すると、Microsoft IMEの予測変換機能が実行されるようになっています。

Windows10 Microsoft IME の詳細設定 予測入力 設定 予測入力を使用する 予測候補を表示するまでの文字数:3
Windows10
Microsoft IME の詳細設定
予測入力 設定
予測入力を使用する
予測候補を表示するまでの文字数:3

そのため、予測変換の実行時に何らかのトラブルが発生しており、フリーズが発生しているのではないかと推測しています。

今後もこの現象が続くようであれば、一時的に予測変換をOFFにしてみて、様子を見てみたいと思います。(予測変換、便利なので可能な限り使いたいんですけどね。)



まとめ

Windows10にて、日本語入力時にたまにフリーズするという現象に遭遇しています。予測変換が原因ではないかと推測しています。今後、この現象が頻発するようであれば、一度予測変換をオフにしてみて、様子を見てみたいと思います。


Windows/Linuxのトラブル追跡実践ノウハウ エンジニア必携 [Amazon]
楽天





関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...