日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2014年5月3日土曜日

HydraVision:ホットキーの割り当てでデスクトップの切り替えを手軽に行おう!

記事「仮想デスクトップを活用して作業を効率化! - HydraVision」では、仮想デスクトップを切り替える方法として、デフォルトで4つの方法があるということを紹介しました。


しかしながら、それらの方法ではデスクトップを切り替えるときにマウスの操作を行わなければならず、多少手間がかかります

そこで、デスクトップの切り替えの操作をホットキーに登録し、キーボードのキーの組み合わせを押すだけで、デスクトップを切り替えられるように設定してみましょう!



ホットキーの設定方法

HydraVision のホットキーを設定する場合には、Catalyst Control Center の共通の設定メニューからホットキーを選択します。

Catalyst Control Center : ホットキー

ホットキーマネージャにて、

  • ホットキー機能を有効にするにチェック
  • ホットキーのリスト:HydraVision
  • 参照:MultiDesk


に設定した後、ホットキーで行いたい動作(以下のいずれかの項目)を選択し、編集ボタンを押します。

  • 次のデスクトップに切り替える
  • 以前のデスクトップに切り替える
  • 最初のデスクトップに切り替える


ホットキーの編集

ホットキーの編集ダイアログが表示されるので、装飾キーとホットキーを入力します。
キーの入力は、ホットキーとして使用したいキーボードのボタンを押せば入力されます。
例えば、右矢印キー(→)を登録したい場合、キーボードの→を押せば入力できます。

ちなみに、私は
  • 次のデスクトップに切り替える:Alt + →
  • 以前のデスクトップに切り替える:Alt + ←
  • 最初のデスクトップに切り替える:Alt + ↓
として登録しています。
(直観的にわかりやすいので。)


これで、仮想デスクトップをより快適に使用できます!!


ホットキー登録時の注意事項は「HydraVision:ホットキーの割り当ては慎重に! 既存の Windows のホットキーとの重複を避けよう」を参照してください。

仮想デスクトップについての記事一覧





関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...