日々のコンピュータ情報の集積と整理

Dr.ウーパのコンピュータ備忘録

2015年4月16日木曜日

インターネット回線契約トラブル - 回線が引かれているのに、引かれていないと判断される

イントロダクション

昔遭遇した、インターネット回線の契約時のトラブルを思い出しました。

それは、インターネット回線が建物に既に敷設されているのにもかかわらず、インターネット回線が建物に敷設されていないと判断されたことです。


インターネット回線契約トラブル - 回線が引かれているのに、引かれていないと判断される


状況

集合住宅(アパート)へ引越してきて、新しくインターネット回線を契約するときに起こったものです。


原因

そのアパートの名前が、直近で別の名前に変更されていました。

そのため、集合住宅(アパート)に既にインターネット回線が敷設されているにも関わらず、名前が変わっていたためにインターネット回線が敷設されていないと判定されてしまったようです。


結果

契約業者と何回か話し合いをする中で、集合住宅(アパート)に既にインターネット回線が敷設されていることが分かりました。

そのため、無事、問題なくインターネット回線を契約することが出来ました。


まとめ

このように、集合住宅(アパート)の名前が変わっていたりすると、業者側のデータベースにうまく反映されていないケースがあるようです。

周りの集合住宅(アパート)にはインターネット回線が敷設されているのに、なぜか自分の住んでいる集合住宅(アパート)(新築ではなくある程度古くからある場合)にはインターネット回線が敷設されていないと判定された場合には、アパートの名前などの情報が変わっていないかどうかチェックする必要がありそうです。


また、どうしても固定回線が導入できないケース(建物に回線が敷設されておらず、工事もできないようなケースなど)では、無線でインターネットに接続できる WiMAX を使うという手段などもあります。

PCもタブレットも外出先で快適ネット!速度制限ナシは、WiMAXだけ。【WiMAX2+新端末登場!】


ただし、WiMAX を利用する場合には、WiMAX の提供されている地域かどうかや、建物内でちゃんと通信が出来るかどうかを十分に検討する必要があるでしょう。


また、他にもインターネットに接続するための方法はいろいろとあります。
自分自身にとって、最適なインターネット接続方法を考えたいものです。






関連記事

関連記事を読み込み中...

同じラベルの記事を読み込み中...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...